結婚式の二次会代行なら【2次会本舗】が良いという口コミ評価は本当だったでしょうか?

実はあのとき、数ヵ月後に結婚を控えていました。

式場やドレスを選んだり、招待状の準備をしたりと楽しい時間を過ごしているのですが、1つ問題が。

それは二次会についてです。

当日は親戚を中心に、身内や仕事関係の方だけを集めて式を行うため、友人らの参加はありません。

そのことを友人の1人に伝えたところ、お祝いしたいので披露宴から参加しても良いか、あるいは二次会はないのかと尋ねられました。

聞けば婚約者の友人側でもお祝いをしたいと言ってくれる方が多く、せっかく1度きりの機会なのでと、二次会を企画することにしたんです。

しかし二次会となると、幹事は友人にお願いしなくてはいけません。

少人数ならば、私と彼が幹事を行う、あるいは幹事無しでとも考えたのですが、話が広まってなんと50人近い参加希望者が。

となると、費用のとりまとめや会場の手配など、きちんと幹事を用意したほうが良いですよね。

ですが当日参加するだけならまだしも、時間をかけて計画を立てる幹事となると大変です。

全体の流れを考え、私たちや会場となるお店の方と打ち合わせもしなくてはいけませんし、予約手続きや余興の依頼なども必要でしょう。

特に親しい何人かには声をかけてみたのですが、皆仕事や子育てなどの理由で時間が割けないと言われてしまいました。

私たちは結婚式の準備もありますし、当日は当日で、親戚や仕事関係の方の相手などもしなくてはいけません。

式と披露宴に参加する方は、友人メインの2次会に参加しない方が多いので、お見送りやきちんとお礼の挨拶などはしておきたいからです。

なので、もしこのまま幹事を引き受けてくれる方がいなければ、2次会を諦めるしかありません。

友人たちには、後日個々に報告をする形で済ませることになるでしょう。

そんな時、彼が持ってきてくれたのが、「2次会本舗」という代行サービスでした。

「2次会本舗」に自己負担金0円で企画を任せる

聞けば職場の先輩から紹介してもらったそう。

その先輩も昨年結婚式を挙げたのですが、やはり二次会の開催で、幹事を引き受けてくれる方がおらずに悩んでいたと言います。

ですが2次会本舗なら、幹事がいなくても事前準備から当日の進行まで引き受けてくれるそう。

しかもこちらの費用は0円で行えるんです。

必要なのはゲスト1人につき3000円のみ。

それでプラン提案や当日のサポートなど、実に30個もの特典を受けることができます。

加えてそれぞれのプランは、ウェディングプランナーの資格を持っている方が提案してくれます。

プロが企画するなら、二次会もより凝ったものになりそうですね。

幹事以外のスタッフも充実

また当日は司会進行として、お笑い芸人さんを起用し、会の盛り上がりを最後までキープしてくれます。

こちらもプロ、芸人さんであればちょっと盛り下がったかなという空気も変えてくれるので、楽しく過ごせそうですね。

ほかにも照明や受付などを2次会本舗のスタッフさんが担当してくれます。

パーティは企画から行ってくれ、2次会本舗オリジナルのゲームもあるとか。

結婚式のありきたりな流れにならないのも、友人らを退屈させずに済みそうで期待が持てます。

事前準備においては、タイムテーブルで綿密にスケジュールを組んでくれますし、名簿作成やホームページまで作ってもらえます。

ホームページは結婚報告として使うのも良いですし、2次会の予定を案内するのにも使えそうですね。

加えて会場予約の際、内金の立替も行ってくれます。

すぐ払うことが難しい場合には利用しましょう。

ちなみに2次会本舗では会場の提案も行ってくれますが、既に決まっている場合はその場所でOK。

別途追加料金が請求されることもないので、決定が無駄になりません。

さらに会費の集金に関して、会計管理やつり銭の準備と、細かいところまで行ってくれるのも魅力です。

無料説明会や限定の申し込み特典も

申し込みは資料請求を行うか、無料の説明会に参加することで可能となります。

説明会は会と言っても、実際には2次会本舗のスタッフさんと新郎新婦だけの話合い。

しかも2次会本舗のオフィスではなく、こちらの指定する最寄駅まで来てもらうことが可能です。

集合したら近所のファミレスなどで話を聞くだけ。

説明会当日に契約の是非を決める必要はないので、提案されたプランや資料などを持ち帰り、後日郵送やファックスなどで決めても構いません。

資料請求及び説明会の希望は公式サイトの問い合わせフォームで行えます。

もちろん応募も無料。

必要項目はこちらの名前と電話番号、メールアドレスといった連絡先のみで、もし未定なら2次会に関する話は説明会当日でもOKです。

ただ説明会希望の場合は最寄駅、資料請求の場合は住所の記入をお忘れなく。

問い合わせフォームでは質問にも対応してくれていますから、事前に知っておきたいことがあれば、連絡してみるのもおすすめです。

また2次会本舗では月ごとなど、期間限定で特典が受けられるのも魅力です。

例えば2018年1月の場合、契約が決まったらスタジオでの前撮りを無料で行ってもらえます。

貸衣装やメイクなども含まれており、写真はデータCDで渡してくれるんです。

写真はプリントして、式や二次会の参加者に渡しても良いでしょう。

今は、どんな特典がもらえるのかもチェックしてみてください。
詳しくは→2次会本舗公式サイトはこちら

申し込み時の注意点

ただサービスとは言え商売ですから、こちらだけにメリットばかりあるとは限りません。

例えばゲストの人数は、最小でも40人から行います。

ゲストの人数が少なくては費用も少なくなるため、サービスそのままで行えば2次会本舗には赤字になってしまうのかもしれません。

またゲストの費用3000円は、あくまでサービス料金として。

飲食費など、ほかの料金は別途請求する必要があり、この値段によってこちらの負担金が0になるかも左右されます。

例えば飲食代が5000円かかるなら、参加費を5200円にして私と彼の分を負担してもらう(50人なので各人200円プラスで1万円、2人分の飲食代になる)という感じです。

結婚式にも費用がかかるので、二次会分をゲストに負担してもらえるのは嬉しいですが、それはそれで申し訳ない気もします。

会費を多くするなら祝儀を始めお祝いの品は不要、あるいはこちらで後日お菓子などのお返しをするなどのルールを決めたほうが良いです。

2次会本舗ではオプションやギフトの手配も代行してくれるので、それでお礼に替えるのもありですね。

ただし購入費用などはこちらで負担することになるので、よく考えて選びましょう。

ちなみにサービス料に関しては、30の特典の中で新郎新婦は無料と決められています。

時間と場所にも限界有り

2次会本舗は東京、神奈川、埼玉、千葉の1都3県が中心。

ゆえに説明会も上記の範囲内でしか出向いてもらうことができません。

また土日は希望者が増えるためなのか、東京は23区内、また神奈川の川崎駅及び横浜駅のみが対象となっています。

任せられるとは言っても、話し合いはこちらである程度都合を付け、平日にお願いする方がスムーズでしょう。

ほかの地域の場合は、2次会本舗に確認するとともに、新郎新婦側でも首都圏に出てこれられるかを考える必要があります。

そして企画には、最低でも2週間は必要。

結婚式1か月前ぐらいならば余裕ですが、ギリギリになってしまうといくらプロでも企画に限界が生じてしまいます。

式の準備と並行して、こちらも早めに話を聞いておきましょう。

どうしても時間が作れないなら、せめて資料請求だけでも行っておくと違いますよ。

費用としては友人幹事と変わらない?

これは人によって良し悪しの判断が異なるかもしれません。

2次会本舗によると、2次会本舗に依頼した場合と友人に幹事を頼んだ場合では、費用にさほどの違いはないそう。

より良いサービスを期待して2次会本舗にするか、あくまで手軽さを求めて友人に頼むかですね。

これから二次会の検討をする場合、既にご友人が幹事を引き受けてくれるようなら、断ってまで2次会本舗にするかは悩ましいところ。

説明会ではこちらの希望をきちんと踏まえてくれる

私たちは勤務先が互いに都内でしたが、半休を取れる日があったので平日に説明をお願いすることにしました。

お会いしたスタッフの方は男性でしたが、女性の私以上に細やかな気配りでびっくりしたほどです。

説明の内容は二次会全体の流れに関してでしたが、改めて2次会本舗のシステムや、当日行うゲームなどについても説明してもらい、イメージが掴みやすかったです。

またこちらの希望する二次会のイメージについてもしっかり聞いてくださって、より近いプランを提案してもらえました。

なんというか、聞き上手な感じでした。

こちらの希望が抽象的なイメージになってしまっても、きちんと具体的な例を挙げて下さるので助かります。

あくまでこちらの希望に添うということが前提なので、臆せず色々と話すのも良い二次会にするコツかもしれません。

会場に関しても、予めいくつか候補は絞っていたのですが、知らなかった良いお店を紹介してもらったので、変更したほどです。

そしてプランは内容だけでなく見積もりなども出してもらえたので、家で比較検討するのも解りやすかったですね。

ウェディングケーキを頼める

色々なプランを提案されましたが、特に驚いたのが、有料プランとはいえウェディングケーキを注文できること。

2次会どころか、披露宴一次会と言っても良いレベルではないでしょうか。

ほかにもウェディングムービーの上映や、お笑い芸人さんによる余興などが入っているそうです。

資金に余裕が有るなら、頼んでみるのも良いかもしれませんよ。

プラン決定後は話し合い2回

後日、提案していただいた中の1つを契約希望として2次会本舗に連絡しました。

最初から細かい部分まで企画されていたこともあってか、その後、当日までの間に実際にスタッフさんと顔を合わせたのは2回ほど。

もちろん電話やメールなどでは連絡を取り合っていましたが、時間を割かなくて済むのはありがたいですね。

おかげで結婚式の準備に専念することができました。

中には契約後は1回きりしか会わなかったというカップルもいたそうなので、結婚式の準備に追われている人でも申し込み易いと思います。

当日は私たちもびっくり

実は当日、親戚の方の対応をしていたせいで、私と夫は会場へ向かうのが遅れてしまいました。

2次会本舗にも連絡はしたのですが、内心どうなっているのかとドキドキ。

でもそんな心配も杞憂でした。

受付スタッフの方がきちんとチェックを入れてくれており、皆無事に会場に集まって私たちを待ってくれていました。

退屈しないようにと、司会の芸人さんが話を振って盛り上げてくれていたようです。

友人の中には「待っている間が1番面白かった」なんて言う人もいるほどで、私たちのせいで遅れたとはいえ、見逃したのはちょっと悔しいですね。

でも2次会の最中も面白く進行を努めてくださり、私自身、ゲストの1人になった気分で楽しむことができました。

ゲームは景品も豪華で特に盛り上がり、初対面だった私の友人と夫の友人も意気投合しまくりでしたね。

こういってはなんですが、過去に参加した友人や親戚の結婚式より良いのではないかと思います。

結婚式というと、披露宴や2次会も型にはまったものが多いですが、場面ごとの音楽の変化や司会の話し方がスムーズで、自然と馴染める印象。

会費の集金などもばっちりで、見積もり時の値段そのままで利用でき、楽しいままその日を終えることができたんです。

まとめ

結婚式は式そのものと披露宴ぐらいで、二次会はうっかり忘れていることも多いです。

もちろん開催は義務ではありませんが、私たちのように身内だけの式の場合は、友人らに祝ってもらうために行う人もいるでしょう。

しかし当人たちはもとより、友人側で2次会希望とは言っても、幹事はなかなかやりたがらないのが本音。

実際面倒そうですものね。

でも幹事がいなくては二次会もぐだぐだになってしまいます。

そんな時は、代行サービスの2次会本舗にお願いしてみると良いですよ。

司会は芸人の方で、いわば話のプロですし、幹事に相当する準備もきちんと行ってくれます。

1都3県限定ですが、こちらの近所まで説明に来てくれたり、少ない回数で済ませてくれるなど、多忙な時期にも助かります。

2次会本舗で、二次会も式に負けないぐらい素敵なプログラムにしちゃいましょう。
詳しくは→2次会本舗公式サイトはこちら